読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーニング2017.2.9

・昼 72.7kg 20.8% サーキット自重上半身 マシン筋トレ上半身 サーキットチューブ 体幹サーキット自重上半身 エアロバイク10分 ストレッチ 昨日は上腹部単純CTという検査を受けてきた。数年前からある左側の大きな腎結石は変わらずにあるが、加えて右側に小…

結石かー

下腹部に違和感があり、泌尿器科を受信。以前左側の尿路結石をやったことがあったが、今度は右側が痛い。先週は熱が出て腰が痛かったが、石からきていたのかもしれない。 診察結果としては、睾丸の触診をしても異常なし。検尿で血液反応も出ず。残尿も無し。…

『真田丸』最終回を鑑賞した

一年間、『真田丸』を観てきた感想を書いてみる。 自分が戦国武将、真田幸村(信繁)を戦国の主役のひとりとして認識したのは、池波正太郎の真田太平記を読んでからだ。 それまでの戦国時代の認識は、桶狭間で始まり、関ヶ原で終わっていて、大坂の陣はいわ…

ノンスタ井上の事故対応における教訓的な呟き

ノンスタ井上が自動車の当て逃げで捕まった。タクシー運転手に怪我をさせたらしい。このニュースを見て、ふと考えさせられた事を徒然と書いてみる。 どうして逃げてしまうのだろう。大人として冷静に考えれば、きちんと対応した方が後々ダメージが拡がらなく…

『いきなりステーキ』の肉マイレージカードがゴールドになった

都知事がいきなりステーキで食べている写真を見たので、呟いてみる。 都知事は立ち食いだったが、私がよく行く店は全席無料の椅子があるので、純粋な立ち食いステーキではない。時間帯にもよるのかな?会社帰りの少し遅い時間にしか行けないし。普通のステー…

ソウルオリンピックの極々個人的な思い出とドーピングに関する徒然

リオオリンピックが終わり、東京オリンピックに向けてゴタゴタしているこの時期に、あえて個人的なオリンピックの思い出を書いてみる。 私がはっきり覚えているオリンピックは、中学生の時に開催されたソウルオリンピックだ。ロサンゼルスオリンピックもなん…

後部硝子体剥離ってヤツが起こっているらしい

眼科に行ってきた。結論から言うと、後部硝子体剥離という症状が左目で起きているらしい。 少しだけ調べたが、医学情報を素人が適当に書くのは昨今問題になっているのでやめておく。加齢から起きる事が多いそうだが、今年初めに左目にボールがぶつかったこと…

カネにモノ言わせて40代夫婦がUSJを満喫してきた

15周年のユニバーサルスタジオジャパンに、40代の夫婦が初上陸してきた。いくら使ったかはあえて計算しない。月末のカード支払いが怖いが、めちゃめちゃ楽しく過ごせたので問題はない。 今年のはじめに、ドコモプレミアムクラブのUSJチケットが当たったので…

小林久隆先生の癌治療研究記事を読んだ

小林久隆先生の、癌治療研究に関する記事を読んだ。未来に希望が持てる内容だった。癌治療も日進月歩、日々進んでいるのだなと明るい気持ちになる。 一病息災、という諺がある。私にも持病があり、生まれた時から付き合っているのだが、今の医療で完治するこ…

元高齢童貞が『逃げるは恥だが役に立つ』を観てみた

奥さんに薦められて、新垣結衣主演のTVドラマ、『逃げるは恥だが役に立つ』を観てみた。 ガッキーかわいい。以上。 という訳にもいかないので、感想でも。奥さんの評価も、とりあえずガッキーかわいい。以上。なのだが。 はっきり言って、元高齢童貞(魔法使…

喉元過ぎれば熱さ忘れる

健康診断の結果が悪かったので、二次検診代わりに主治医の定期検診を早めて貰って受けに行った。 結果は非常に良好。健康診断の結果は何だったのだろう。ここの所の気分が悪く、生産性の悪かった日々を返して欲しい。 自分はここ数年で状態がどんどん良くな…

人間は死の恐怖に耐えられるようには作られていないらしい

初めて自分が死の恐怖に囚われたのは、恐らく小学校中学年の頃だろうか。小学校に入る直前に父が亡くなり、三年生から四年生にかけて、病気のため運動禁止になった。 その頃の記憶は曖昧だが、死んだらどうなるのだろう、という漠然とした恐怖に夜毎支配され…

平常心でいられない

ここの所、毎日不安で堪まらない。健康診断で結果が悪かったせいだ。持病を抱えているため、良くなったり悪くなったりはするだろう。それでも、不安だ。なぜなんだろう。 別にいつ死んでもいいじゃん、と思ったり。でも死にたくない、と思ったり。これ以上苦…

弱気

明け方に目が覚めて、トイレに行ったあとベッドに横になり、何とは無しにぼうっと漠然とした不安に襲われた。 病気のこと、仕事のこと、老後のこと…。最近死に方についても考えてしまう。これまでも考えない訳ではなかったが、今年、歳の近い兄が癌で死んで…

人生は意外と短い

十年前、二十年前を想像してみる。未来のことなど考えず、その場しのぎで精一杯だった。十年後、二十年後を想像してみる。まだ死んでいるイメージはないが、今ほど身体は動かないのは確実だ。 人はどのように老いていくのだろう。自分の父は今の自分より若く…

はじめに

とらのこ、です。寅年生まれだからとらのこ、以上でも以下でもない、中年男性です。独り言を徒然と書くつもりなので、これ以降敬語は使いません。 歳だから、という訳ではなく若い時分からだが、最近特に記憶力に自信がない。 学校の成績はそこそこ悪くはな…