読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『真田丸』最終回を鑑賞した

徒然 TVドラマ

一年間、『真田丸』を観てきた感想を書いてみる。

 

自分が戦国武将、真田幸村(信繁)を戦国の主役のひとりとして認識したのは、池波正太郎真田太平記を読んでからだ。

それまでの戦国時代の認識は、桶狭間で始まり、関ヶ原で終わっていて、大坂の陣はいわゆる消化試合と考えていたし、実際それほど間違ってはいないだろう。

だが、真田太平記はその認識を変えてくれた本だった。まあ、真田太平記の主役は忍者だと思ってるけど…。勝者がいるならば必ず敗者がいて、敗者にも物語がある、といったところか。

 

ところで、真田丸だが、なかなかに楽しませてもらえた。

初めのうちは、高畑淳子を筆頭に女性陣の演技がウザくて、その点がマイナスポイントだったのだが、実際、前半生の信繁は歴史にそれ程関わってきた訳ではないので、仕方なかったのかなもしれない。

それを補って余りあるキャラクター達がいたので、飽きずに楽しめたのだろう。特に草刈正雄が演じた真田昌幸は格好良かった。昌幸を中心としたちょい悪オヤジの仲間達が、激動の戦国を必死に、だが飄々と立ち向かっていく姿は、男としてこうありたいと思わせてくれた。

 

大泉洋真田信之を演じる、というのは少々心配ではあった。自分は水曜どうでしょうも好きなので、大泉洋は頼りない情けないでも憎めない愛されキャラのイメージだが、真田信之は頼り甲斐のあるしっかり者の兄というイメージだったので、ギャップを狙った配役なのかな、と思っていた。映画の清洲会議も観たが、お調子者キャラとしてはこちらの方が合っているようにも思えた。

だが、イメージはいい意味で裏切られた。いや、ミスターや藤村Dに翻弄されて困っている様が、父親や弟に翻弄されて困っている様に近いのかもしれない。ぼやきは抑えめではあったが。最後の黙れ小童返しに、信之の成長が集約されている、というのは考えすぎか。

華々しく散るよりも、泥臭く生き残った方が、苦しいのかもしれないが、最後に得るものは大きい気がする。自分は、信繁よりも信之に共感する。

 

大国の思惑に翻弄された幸村の人生を、中間管理職の悲哀と重ねて、三谷幸喜堺雅人に当て書きしたのか、まさに戦国の半沢直樹といった感じだった。幸村と家康はライバルではない。巨大企業の創業会長に、落ち目な会社の課長クラスの人間が、なんとかひと泡吹かせてやりたい、というくらいの関係だ。

最終回が近づくにつれ、歴史物の宿命なのだが、変えられない結末に向けて流れていく物語に、切なさが滲み出していた。幸村となった信繁がどんなに知恵を絞って奮闘しても、上司は進言を容れず、同僚は言うことを聞かず、複数の間者が暗躍し、滅亡への勢いが止められない。諦めない者に道は開ける、と自分に言い聞かせても、結局道は閉ざされていく。

幸村は有能だったが、周りが足を引っ張って負けた、という結末に持って行こうとしていたのだろうが、やはりそこを見通せない、制御できないという幸村の限界を感じさせる結果となってしまった。もちろん、幸村は万能ではないし、その表現に不満はないが、もどかしさが募ったのは事実だ。

高梨内記や堀田作兵衛の最期は見事だったが、幸村の最期ははっきりとは描かれなかった。落ちのびた可能性も残したのだろうか?史実で伝わるように、雑兵に首を取られるよりは良かったか。おそらく切腹して佐助が介錯し、首を取られないように隠したという結末だろう。死んだという暗示を、信之の持つ六文銭で表現して。

 

きりのその後も書かれなかったが、現実的で逞しい女性なので、大坂城から脱出したに違いない。茶々の遺体などは確認されていないらしいので、連れて逃げた可能性もある。佐助は幸村の首を隠した後、きりの元に向かったに違いないので、佐助に守られて天寿を全うしたのだろうと思っている。

きりも最初のうちはウザいと思ったが、いくら邪険にされても一途に信繁を想い、想いながらも思ったことをはっきり口に出して信繁を助ける姿を見て、次第に応援したくなっていた。何とか幸せになって欲しいと願っている。

 

幸村が大坂の陣で成し遂げたかったのは、豊臣の恩顧に報いるために秀頼を助けたかったというのが一番だろうが、父親を超えたい、名を残したいという思いもあったのだろう。家は兄が護ってくれている。

幸村がこんなに後世の人に評価されているのは、源義経楠木正成と同じ系譜の日本人好みのドラマがあるからだろう。指揮官としては、義経や正成よりも経験もないし結果も残していない。だが、悲劇性は同等のものを感じさせるし、日本史最大の勝利者である徳川家康に最後まで抵抗したという所が評価されているのだろう。

 

久しぶりにハマった大河ドラマだった。ハッピーエンドが好きだが、切ない終わり方もまた良かった。来年の大河はちょっと心配だが…女性が主人公の場合、何故かファンタジーが過剰になってしまうようなので。最初だけは観てみるかな。